2018年7月12日木曜日

特別展名作誕生⑤(大倉集古館普賢菩薩)

特別展名作誕生の第1章テーマ2は祈る普賢だ。ここでの目玉は二つ普賢菩薩
の国宝が揃うコーナーだろう。一つは大倉集古館の普賢菩薩騎象でもう一つは東博所蔵の絵画国宝第一号の普賢菩薩像だ。文殊菩薩とともに、釈迦如来の脇役として白象に乗った姿で表されることが多い普賢菩薩。低い地位に見られていた女性が成仏するための本尊として、平安後期に流行した。この作品は円派仏師の作で寄木造で装飾が美しい。ご親切な美術愛好家のお年寄りが話しかけてきて、截金文様が普賢菩薩や白象に施されていることが良く見えると教えていただき、友人とともにまたとない機会なのでじっくり鑑賞した。一緒に展示されている院政期の代表作普賢菩薩像が画面から抜け出したように感じた。どちらの国宝も素晴らしくその場に釘付けになったが、壇蜜絶賛の若冲の絵画も気になったので次の展示テーマに向かった。

2018年7月8日日曜日

平成30年国宝・重文展④(三十三間堂の千手観音)

今回の国宝・重文指定の目玉は何と言っても三十三間堂の千手観音1001体の
国宝指定だろう。文化庁が戦前・戦後を通じて一貫して修復作業を行い、この度1001体目の千手観音が修理を終えてお寺に納入されたニュースは記憶に新しい。これを機会に文化庁が千手観音の国宝指定に踏み切ったのだろう。三十三間堂は平安時代に後白河法皇が平清盛に命じて造営され、鎌倉時代にいったん火災で焼失したが、後嵯峨上皇によってすぐさま再建されたのが鎌倉後期。千手観音の1001体のうち創建時のものは124躯、鎌倉時代再興のものが876躯。室町期の補作が1躯。創建時の千手観音には西村公朝によると運慶作の千手観音もあったとのこと。再興にあたっては慶派の棟梁・湛慶が中心となって、慶派・円派・院派の三派仏師が総力をもってあたったとのこと。今回の展示から1001体が並ぶ様子を想像するのは難しいが、平成20年にU案内人と三十三間堂を訪れており、そのときの様子を思い出しながら展示品を鑑賞した。いつか機会があればまた訪れたいと思う。

2018年6月30日土曜日

特別展名作誕生④(孝恩寺の薬師如来)

名作誕生展の出品リストを見て是非とも見たいと思ったきっかけが大阪孝恩
寺の薬師如来だ。大阪孝恩寺は異形仏群の宝庫として井上先生の「古佛」でもたびたび取り上げられ行基菩薩開創の寺として知られている。「古佛」によると「本像の表現のうち、もっとも強烈な印象を受けるのは、頭髪部である」と書かれているように盛り上がっており、肉髻が大きい。会場では像高160センチあまりなので頭部の異様さが目立たないが「古佛」では顔のアップの写真があり肉髻の大きさがよくわかる。井上先生も「仏像のような高度な精神的はたらきによって作り出されるものは宗教者とそれに寄り添う仏師の存在が必要」とのこと。仮にそれを「チーム行基」と名付けると全国にあまたある行基作の仏像は「チーム行基」の製作によるものではないか。いつか大阪の孝恩寺を訪ねて行基菩薩の仏像とじっくり向き合う時間が持ちたいと思いながら次の展示品に向かった。

2018年6月23日土曜日

平成30年国宝・重文展②(雲中供養菩薩)

平成23年に宇治の平等院を修復前に訪ねたおり、隣接する「鳳翔館」という展示施設で「雲中供養菩薩」の展示に感動し写真集まで購入した。「雲中供養菩薩」平安時代大仏師定朝の晩年の作品で平等院鳳凰堂の壁に整然と配置されていた、阿弥陀如来の来迎時のおつきの観音菩薩などの菩薩を表した仏像で、像高は50~80センチのものが多くみな雲の上にのっている。この像は文化庁によって保存されていたもので写真集や雑誌でも目にしていなかった。芸術新潮で山本勉先生が指摘しているようにこの像が平等院にあったかは分からないが、文化庁解説では「平等院にあった1躯だと考えられる」とのこと。山本先生の解説によると雲中供養菩薩は背景に雲の絵が書かれていたと想像され、上半身から下半身に材が薄くなり浮彫的表現がなされており、背景の絵と合わせて2次元のアニメーションのところどころに3Dとなるイメージではないかと言っている。この以外と大きい仏像を見ながら創建当時の平等院を想像して次の作品に向かった。

2018年6月16日土曜日

特別展名作誕生③(山口・神福寺十一面観音菩薩)

山口・神福寺の十一面観音を知ったのはブックオフで購入した芸術新潮で
「仏像-一木に込めれれた祈り展」の特集記事でだった。この仏像は「真壇像」と言って本来の材であるビャクダンでつくられた壇像だ。壇像はもともときわめてインド的色彩の濃いものだが、インドにも中国にも古い仏像はなく、日本に数体伝わるのみで、法隆寺の九面観音・談山神社の十一面観音そしてこの山口・神福寺の十一面観音だ。東博東洋館で見た「三蔵法師の十一面観音」も装飾が細かく超絶技巧だったが、この海を越えた仏像も顔に痛みがあるものの、素晴らしい装飾で彫られている。唐時代の仏像で直立した姿勢でうごきはとぼしいものの、装身具や天衣のにぎやかさはそれをおきなってあまりある。この仏像に直接出会えたことの喜びをかみしめながら次の展示品に向かった。